移動運用のアンテナ

アンテナは、『高く、大きく』が基本です。 自分の取り扱いできる範囲で、運用する場所と交信したいエリアを考え、不足も過剰もない最適なアンテナを使えば楽しめます。

アンテナ選びは最初は小さく、物足りなくなったら変てみるといいと思います。 交信局数や遠方と交信に満足するのもよいですが、「こんなアンテナで交信できた」という驚きもアマチュア無線の楽しみではないでしょうか。


アンテナ選びは悩む ~ 頭の中で電波を飛ばしてもムダ ~

アンテナを選びは悩むものです。 50MHzをはじめて間もない頃、アンテナ選びに悩む私にローカル局が言いました。

「頭の中で電波を飛ばしても交信できないよ」

まさにその通りです。 悩むより実行してみたほうが早いものです。 このページは私の経験から述べることですので、参考程度にご覧ください。


アンテナはダイポールから ~ 楽しむための基本を知る ~

はじめてのアンテナは、ワイヤーで作ったダイポールがよいと思います。 ダイポールは構造が簡単で、アンテナの基本となるものです。

「えっ、ダイポール。電波の飛びは悪いでしょ」

確かに50MHzの世界では、ダイポールは非力です。 でも馬鹿にしないで教科書通りに作ってみてください。

大都市圏ならば、ダイポールを使って標高のある山の上で運用してみましょう。 意外と交信でき、交信の楽しさを味わうことができます。 人口が少ない地域ならば、Eスポ時期にダイポールを使った運用がお勧めです。 Eスポがでれば意外に遠くの局と交信でき、大都市圏の局からパイルを浴びることがあるかも知れません。

「意外」を感じることで楽しさが増し、次の工夫につながります。 個人的な意見ですが、これがアマチュア無線のおもしろさではないでしょうか。 ダイポールに不足を感じたら、お小遣いの範囲で市販のアンテナを買ってみましょう。 アンテナの自作は、もっと楽しみが広がります。


使ってみた移動運用のアンテナ ~ 私の経験から ~

FT-690mkⅡを販売店で買った日、家に帰らず電池を買って、栃木県足利市内にある標高300mの関東平野が見下ろせる場所に行きました。 そこでリグを箱から出し、付属のロッドアンテナをつけて運用しました。 聞こえている数局にコールして交信はできましたが、CQを出しても呼ばれません。 電波の偏波や2.5Wという小出力を考えると当然のことなのですが、CQを出して呼ばれたくてホームセンターに向かいました。 その夜、ホームセンターで買ったケーブルやアルミパイプでヘンテナを作りました。

翌日、昨日運用した同じ場所にヘンテナを上げ、Ft-690mkⅡ+FL-6020(10W)で運用しました。 バンド内をワッチすると、南鳥島のCQがEスポで入感。コールすると、あっさり交信することができました。 その後、CQを出すと1エリアに交じって6エリアからも呼ばれます。 この体験が、私にとっての「意外」であり、その後50MHzの深みにはまるきっかけとなりました。

ヘンテナの運用は満足できましたが自作のアンテナに自信が持てず、どうしてもメーカー製のアンテナが欲しくなりました。 そこで2el.HB9CVを買ってみました。 あまり変化は感じませんでしたが、メーカー製という安心がありました。 アンテナが軽量ということもあり、標高の高い場所に登ってはCQを出し、交信を楽しみました。 その勢いで6m&Downコンテストに参加し、コンテスターのひしめく中で2el.HB9CVの限界を感じてしまいました。

その後、4el.HB9CVを買いました。 標高の高い運用地では交信できるエリアも広がり、栃木県内からグランドウェーブで3エリアとも条件が良ければ交信できました。 ただし、平地での運用ではアンテナの高さが低く、打ち上げ角が高くなることから思うように交信エリアは広がりません。

そこで購入したのが、タイヤベースと9mのポールです。 合わせて6el.HB9CVを購入しました。 重装備になり、さすがに山の上には持っていけない重さとなりましたが、高く上げたアンテナからでる電波の打ち上げ角が低く、 標高のない移動地でも交信範囲が広がりました。 ちなみにEスポがでたときは、エレメント数が多ければいいという訳ではありません。 打ち上げ角の関係で、不利になることもありました。 この頃から、JARL主催のコンテストで50MHzシングルの部門で入賞できるようになりました。

最近は、5el.F9FTを使っています。 軽くて組み立ても簡単で、性能も満足できるバランスが良いアンテナです。 山の上で運用するときは、自作のダイポールを使っています。 このようなアンテナを使って楽しんでいます。


5el. F9FT ~ 簡単に組み立てられ、自動車利用の移動運用には最適! ~

自動車を使って出かける移動運用では、TONNTA製F9FTを使っています。 最近になって、もうF9FTは販売中止となっていることを知りました。 ショックです。 もう一式買っておけば良かったと後悔しています。 それくらい優秀なアンテナで、今後は自作も考えています。

購入した理由は4el.では非力、6el.は重いということから5el.のF9FTを使い始めました。 また移動運用を楽しむ6mマンで5el.F9FTを使う局が多いということも選定の理由です。 性能的に満足していて、このアンテナを使って聞こえないものは「あきらめがつく」という感じです。 そのまま使うことはせず、工具なしで組み立てられるようにしています。 慣れれば5分程度で、アンテナを上げることができます。

このアンテナは固定局で使用することを想定しているため、強度を持たせる支持ブームがついています。 移動運用は短時間の使用であるため、このブームはいりません。 不要なブーム等を外して、重量は3kg弱になりました。 工夫をすれば、もっと軽量化できると思います。

エレメントはよく使用する50.2MHzに合わせて、ホームセンターで売っているパイプカッターを使って10mmカットしました。 (エレメントは左右10本ありますので、それぞれカットします。) ナットの部分は全て蝶ナットに変え、ショートバーはアルミ平板とメガネクリップで作り、エレメントに挟めるようにしています。 収納はエレメントとブームはスキーケースに入れています。 その他の部品は工具箱に入れて、運用地に持ち込みます。

TONNTA製F9FTの販売がなくなり、「おすすめのアンテナはどれ」という質問をいただくことがあります。 ご自分が取り扱える重さで、利得や値段を考えて買うのがいいと思います。 経験からとなりますが、F9FTの代わりにもし購入するとしたらRadix製の6el.YAGIなどが選択肢です。 Radix社の製品は、自宅のベランダアンテナをはじめ、移動運用で28MHzの3el.YAGIを持っています。 いずれも組み立てが簡単で、同社の製品は移動運用を意識した製品であると思います。


2el. HB9CV / 4el. HB9CV ~ 低い山で使い勝手よし ~

少し歩く移動運用では、2elまたは4elのHB9CVを使っています。

自動車で行ける運用地では、特定方向に山が迫っていたり、100%満足できる場所は限られています。 駐車している場所の近くに、少し山を登れば360°開けているという場所は結構あります。 その様な場所は、国土地理院のサイトで地形図を見るとよくわかります。 10分程度の山登りでしたら、多少の重いアンテナでも我慢して持って登れます。 私は歩く時間に応じて、2elまたは4elのHB9CVを使い分けます。

このアンテナは固定局で使用することも考えて、エレメントはビスで止める様になっています。 移動運用は短時間の使用であるためビスなど使わず、ビニールテープでとめます。 エレメントの差し込む長さを考えずにセットできるよう、タコ糸をストッパーとして巻いておきます。 タコ糸がずれないよう、最後に瞬間接着剤で止めておきます。


ダイポール ~ 高い山で見通し距離の交信では、軽量化を重視! ~

それなりの登る時間があり、標高がある場所で運用する場合は、アルミパイプで自作したダイポールを使っています。

ダイポールならばワイヤーのほうが軽量化できますが、アンテナの方向を変えるときにはロータリーダイポールのほうが使いやすいです。 1.5m位のアルミパイプを2本もっていけばいいのですが、山に登るというもう一つの課題もあるため、収納重視の仕様としました。 バランは市販のキットを使っています。これで50Wまで使えます。

エレメントは、パイプをつないで1本にします。 パイプにはタコ糸が通してあり、両端にケーブルストッパーがあります。 つなげた後、両端のケーブルを引いた状態でケーブルストッパーで固定します。


ポールについて ~ アンテナを高く上げるための重要なアイテム ~

自動車を使って出かける移動運用では、フジインダストリー製の9mポールを使っています。 細い安価なポールも売っていますが、ポールに手を抜くと後悔すると思います。

このポールは重いですが、かなり頑丈にできています。 写真の様にタイヤベースを自動車のタイヤに踏ませて固定します。 ポールは2m弱のパイプを振り出すような形で、アンテナをつけて上に伸ばしていきます。 簡単にアンテナを上げることができます。

身長がある方はいらないですが、170cm以下の身長の方、非力だと思う方は、小さな脚立があると楽にアンテナを持ち上げらえます。 私は脚立を持っていくのが面倒なので、工具箱に乗ってアンテナを上げています。

大風が吹いていない限り、ステーはいりません。 時々ステーをしっかり張っている局がいますが、私は張った記憶は大風の中で運用した数回のみです。

ただしアンテナを上げる場所が、必ず水平でないとアンテナの重さでポールがしなり、不安定になります。 上げるアンテナにもよりますが、3kg程度のアンテナならば、だいたい水平ならば大丈夫です。 水平は水平器で確認しますが、安価のもので十分です。 タイヤベースの下の泥を掘って平らにするか、落ちている木片や小石を挟んで平らにするなど、現地で工夫をすれば水平にできます。

山の中に持ち込むときは、軽量のアンテン製4.2mのポールを持っていきます。

ポールはステーで自立させるか、写真の様に荷造り用ゴムロープを2本使って杭などに固定することもできます。 注意した方がいいことですが、道標や山頂名を示す標識は止めないほうがいいです。 登山客は登頂記念に山の名が書いてある標識前で写真を撮ります。 私たちアマチュア無線家は、山の中では部外者です。 登山者に迷惑をかけなうように、おとなしく運用したほうがトラブルにならずに済むと思います。


同軸ケーブルについて ~ 重さを考えて選ぶ ~

50MHzはVHFなので、同軸ケーブルの通過でそれなりの出力が減衰します。

10mの場合、8D-2Vで0.4dB、5D-2Vでは0.6dB、3D-2Vでは0.99dB減衰します。 8D-2Vはその重さから、50MHzの移動運用には適していないように思えます。 もちろん8D-2Vが使える方は、使用を否定するものではありません。 個人的な感想としては、移動運用で取り回しがいいケーブルは、5D-2Vと思うのです。

5D-2Vと3D-2Vは、0.39dBの減衰の差がありますが、この差が大きく交信に影響したということがありません。 同軸ケーブルより、アンテナのSWR値や無駄な長さがないように、ケーブルをカットして使ったほうがいいと考えています。 そして弱い信号を聞き分けられるよう、『耳を鍛える』べきだと思います。

私はあまり減衰にはこだわらず、使いやすい同軸ケーブルを選択しています。 自動車で行く移動運用では、ポールが9mですので10m程度の5D-2V。 山に登る移動運用では、ポールが4.2mなので5m程度の3D-2Vを使っています。

設備には各局のこだわり、一概に『これがよし』というものはありません。 色々試してみて、自分なりのスタイルを作り上げていくのも、移動運用の楽しみだと思います。


お手軽運用はすぐに飽きる ~ お手軽だから結果もそれなり ~

よく『お手軽運用』という文字をインターネット上で見かけます。 はじめての移動運用ならば、お試しのお手軽運用も正しいと思います。 しかし楽しめるかというと、お手軽はそのレベルだと思います。

はやくお手軽運用は卒業しましょう。 お手軽運用を続けていると、飽きてしまう可能性が大きいと思います。 私も一度、コールサインを切らしてしまったことがありますが、理由は楽しめず飽きたことでした。 楽しむために少しずつでも工夫をしていくと、長くアマチュア無線を楽しめると思います。

より遠く、よりたくさん交信するためには、それなりの設備と工夫が必要です。 50MHzはVHFで基本は見通し距離の交信になりますが、しっかりとした設備と計画で 栃木県内からグランドウェーブで3,4,5エリア、7エリアの北部も交信ができます。 発生頻度の低い近距離のEスポでの交信範囲も、グランドウェーブで交信できるのです。



アンテナのことを長々と書いてしまいました。 リグの購入には慎重になるものの、アンテナは「とりあえず」的に選んでしまう方は多いのではないでしょうか。 アンテナは電波の出入り口ですので重要です。 移動運用する場所や移動手段などよく考えて、最適な設備で運用することが一番だと思います。

以下に、アンテナ同様に考えたい電源の話をまとめたページのリンクがあります。 また、アンテナ同様に工夫することで楽しめるオペレーションについてもまとめました。 よろしければ、合わせてご覧ください。


RECENT POSTS

おすすめの記事

移動運用の電源

オペレーションを考える