オペレーションを考える

アマチュア無線の交信は、ルールに従って運用すれば基本的に自由です。 自由ではありますが、50MHzに合った交信ができれば、さらに楽しみは増えます。 50MHzの移動運用では、強い信号や弱い信号、様々な信号を捉えて交信します。 コンディションが変わりやすい50MHzは、急に信号が聞こえなくなることもあり、ゆっくりと交信していられないケースもあります。 不安定なコンディションという要素があり、状況に応じたオペレーションが求められます。 このページは、どのようなコンディションでも50MHzを楽しみたいと考える人向けの内容です。 オペレーションをちょっと変えるだけで、交信できる範囲が変わります。 そうなれば50MHzの移動運用がとても楽しくなるはずです。

※Phone(SSB,AM)限定の内容です。


50MHzの性格

50MHzはVHF帯に属しますので、基本は電離層で反射はせず見通し距離の交信となります。 しかしHFにも近い中途半端な周波数であるために、様々な条件で見通しを超える交信ができてしまいます。 50MHzで人気のあるEスポによる遠距離の交信は、条件があったときだけできる不安定なコンディションです。 スキャッターは一瞬だけ相手局が聞こえ、すぐに信号が消えてしまうこともあります。

QSBをともなって弱い信号が遠方より届くのもこの周波数の特徴で、これも信号の浮き沈みがあります。 こんな時の天敵が近隣局の混信で、マスクされて聞こえなくなり交信チャンスを失ってしまうこともあります。 このことから50MHzは、見通し距離の交信以外は信号が安定しないため、一瞬のチャンスを逃さないようにしなければなりません。 ローカルQSOだけを楽しむ場合は問題ありませんが、ちょっと遠いエリアと交信する場合は『一瞬のチャンス』をぜひ意識してください。 交信できるエリアが広がると、まずます楽しみが増えると思います。


すぐにシグナルレポートを送る

交信の成立は、『シグナルレポートの交換』です。 シグナルレポートをなかなか送らず、名前を優先して相手局に送っている局が多くいます。 これはアマチュア無線の交信では、間違えだと思います。

まずはシグナルレポートを最初に送りましょう。

「レポートは次回送ります」と言っている局がいますが、正確なレポートを送ろうとしている努力は認めます。 しかしその間にコンディションが急変することもあります。 必ず確実に相手局の信号強度をとらえ、一発でレポートを伝えるべきです。

Sメーターを見忘れてしまった。感覚的なレポートでも間違えでもありません。必ずすぐに送りましょう。 こんな判断でレポートを送ってはいかがでしょうか。

 強い:59 まあまあ強い:57 適度に聞こえる:55 弱さを感じる:53 厳しいけど交信できる:51

45などのシグナルレポートを送っている局がいますが、まじめにレポートを送る局だと思います。 しかし私は4*のレポートは送りません。 自分の耳を信用していますし、自信を持って交信したいからです。 ちょっとしたポリシーですが、こんなこだわりがあってもいいと思います。


名前は優先するべき情報ではない

日常では、はじめて会う人には自己紹介として名前を言います。 電話でも名前を先に言ってから、伝えたいことを話していきます。 日常的な習慣が身についているからか、シグナルレポートを送らずに名前を先に送っている局が結構います。

50MHzの性格を思い出してください。 名前を送っている途中のコンディションが急変したら、その交信は成立しません。

では、名前はいつ送ればいいでしょうか。 極端なことを言えば、「送っても送らなくてもどちらでもいい」と考えます。 名前を送ってもらっても二度とその局と交信しないかも知れません。 記憶したりメモしたりすることも無駄になることもあります。 何度も交信したり、直接会う機会があったときに改めて相手の名前を知っても遅くはありません。

ただし、ローカルQSOでゆっくり交信を楽しみたいときは、名前を送ってもいいと思います。 近隣の局ならばまた交信することもあるでしょう。 様々な話でコミュニティを深めると、アマチュア無線の楽しみも広がります。 要はコンディションや相手の状況をよく考えて、送る情報を調整するべきなんだと考えます。


CQを短く

長いCQを出している局を見かけます。 ワッチしている局が少ないときは、長くCQを出すことで発見してもらう確率を上げる効果があるかも知れません。 しかしコールしようと待っている局は、長いCQを延々と聞かされるのはうれしくありません。 他の周波数へ移ってしまうこともあります。

ここで50MHzの性格を、また思い出してください。 CQを聞いているうちに、コンディションの急変すると交信のチャンスが消えてしまいます。 このようなことを考慮すると、長いCQはメリットがありません。

CQは短く、繰り返し出しましょう。

私は一呼吸で短くCQを出します。「CQ CQ CQ こちらはJK1SPQ/1 栃木県足利市 どうぞ」といった具合です。 もちろんコールサインは、フォネティックコードで送ります。 1回のCQは大体10秒から15秒です。 これを繰り返し出します。 短いCQを繰り返すことにより、呼ぶ側には一瞬の信号が浮いてきた時に交信できるチャンスを提供します。 ただ漠然とCQを出すのではなく、こんな配慮も必要だと思います。

コールサインを一回だと聞き取れないという心配もあるかも知れません。 50MHzには、耳のいい局がたくさんいます。 一瞬のチャンスをとらえるためにも、日ごろからの交信で相手コールを一発でとらえる意識をすれば必ずできるようになります。


コールサインは全て送る

CQを出していると、サフィックスだけでコールする局がいます。 サフィックスだけでは交信になりませんので、プリフィクスを尋ねなければならないのですが、これが面倒でうれしくありません。 さらにコールサインを全て取れた局を優先してとっていったほうが効率がいいので、サフィックスだけのコールは後回しになります。

交信が煩雑になるサフィックスだけのコールですが、ここで50MHzの性格を、また思い出してください。 コールサインと取り切るまで複数回のやり取りをしているうちに、コンディションが急変すると交信のチャンスが消えてしまいます。 これはサフィックスだけをコールするメリットは、全くありません。

コールサインは全て送りましょう。

プリフィックスはエリアの情報を含みますので、その信号がどのような状況で飛んできたか判断の材料になります。 CQを出す側は見通し距離外のプリフィクスを聞いたら、優先的に交信すると思います。 ところがサフィックスだけ送ってくる局に対しては判断できず、結局は信号が強い局から交信することとなります。 このように相手局に適切な情報を送り、判断してもらうことが確実に交信できるための作法ではないでしょうか。


フォネティックコードを考える

相手局に呼ばれたときは、そのまま返すようにします。 そのほうが相手局は自分が呼ばれたという認識度が上がるからです。 だからフォネティックコードは、理解されやすい「普通」のコードを送るべきだと思います。

交信が進んだら、フォネティックコードを使うと冗長な交信になりますので、アルファベットを使います。 呼ばれた相手局がサフィックスを間違えている可能性がある場合は、「JK1 SIERRA PAPA QUEBEC」の様に サフィックスだけフォネティックコードを送ってもよいと思います。 相手局はミスに気付き、ログを訂正してくれると思います。

呼ばれた相手局のサフィックスに自信がない場合も、 サフィックスだけフォネティックコードを送ります。 ミスコピーの場合は、相手からの指摘がありますので、訂正をします。


交信の順序

CQを出している局で、呼ばれると強い局から交信する局がいます。 間違えではなく楽な交信ができるのですが、強い局に隠れた弱いコールに気付かないと、遠方との交信チャンスを逃します。 強い局に隠れた弱い信号の一部でも聞こえたら、なるべく弱い局を優先するべきだと考えます。 信号の強い局はいつでも交信できますが、遠方の信号の弱い局はワンチャンスである可能性もあります。

経験を積むとわかってきますが、見通し距離の弱い信号と遠くから聞こえてくる弱い信号は明らかに違います。 1エリアの栃木で運用していると、「弱いけど見通し距離ではなさそう」と感じる信号は500km以上離れた地域であることが多いです。 その場合は間違ってもいいですから「3エリアもう一度」と指定します。 意外と的中します。

「3エリアの局長さん、もう一度コールください」などと丁寧に言っていては、コンディションが落ちる可能性もあります。 「3エリアもう一度」ときっぱりと送ったほうが確実です。 パイルをさばくという表現がありますが、まさにさばかないと遠くの局とは交信できません。

パイルになった場合、私は遠方の局、QRP局、同エリアの弱い局、同エリアの強い局の順に呼びます。 もちろんサフィックスだけで呼ぶ局は後回しにします。


Eスポやスキャッター発生時の交信順序

Eスポでオープンしにくい地域は、頭に入っていますか。 その様な地域は、グランドウェーブによる交信も厳しい場合が多いです。 例えば栃木の南部で運用していると、3エリア西部、4エリア東部、5エリア東部、7エリア北部、8エリア南部が難しい地域です。

Eスポは年に数回、近距離Eスポが現れ、交信の難しい地域が簡単に交信できます。 このチャンスを逃すわけにはいきません。 スキャッターの時も同様です。 確実に難しい地域を優先して交信しましょう。


コールがとり切れてから呼ぶ

移動運用に出かけると、必ず呼ばれた局に「コールサインがとれていない」と言われることがあります。 コールサインをとれていない状況で呼ぶのは失礼ですし、コールサインを伝える手間もうれしくありません。 ちゃんとコールサインを確認してから呼びましょう。

交信では感情に出さなくとも、腹の中では「ちゃんとコールサインを取り切れてから呼べよ」と思うのは私だけではないと思います。 「コールサインを取り切れてから呼べ」と怒られ、お互いに気分が悪くならないよう、ぜひ配慮して欲しいと思います。


周波数は借りるものではない

時々CQを出している局で、交信が終わると「引き続きこの周波数をお借りします」と言っている局がいます。 丁寧さをアピールしたいのだと思いますが、全くの無駄です。 もし移動局だったとしたら、電源の無駄ですのでやめたほうがいいと考えます。

交信が終わるのを待っている局がいるかもしれません。 交信はすぐにQRZか「こちらはJK1SPQ/1、足利市、どうぞ」と次のコールを待ちます。 余計な「お借りします」など言っている暇があれば、どんどん交信を進めたほうがいいと思います。


リストQSOはありえない

HFで聞いたことがありますが、サフィックスだけ送らせてリストを作り、そのうえで順番に交信する方法があります。 50MHzではコンディションの急変もあるので、そんな交信をやっている局はいないと信じていたのですが、1度だけ聞いたことがあります。 これは50MHzの性格を理解できていない局で、愚かさをアピールしていると言っても過言ではありません。 やめたほうがいいと思います。

CQを出したら、パイルアップになる覚悟をしなければなりません。 実際はパイルアップにならないかもしれませんが、条件が整えばパイルアップになります。 そうなったら責任を持って「さばく」ようにしてください。 間違っても「順番に呼びますからサフィックスを送ってください」などとは言わないで欲しいと思います。


まとめ

どういう訳か変な会話をする人が多いように思えます。 国内QSOの場合は、ほぼ日本語が使える人との交信ですので、普通の日本語を使えばいいのです。 よく聞こえてくる「漢字解釈」という単語も、「漢字で書くと」というのが正しいのではないでしょうか。 フォネティックコードやQ符号などは、意味があるから使うのであって、意味なく使うのは正しくないと考えます。

移動運用に出かけて、CQを出すときには、呼ぶ相手局の事をよく配慮して、「さばく」ことを念頭に置きましょう。 交信の内容はケースバイケースです。 コンディションや状況をによって柔軟に対処し、楽しいコミュニケーションが取れると、移動運用がますます楽しくなると思います。


RECENT POSTS

おすすめの記事

移動運用のアンテナ

移動運用の電源