移動運用の電源

移動運用で、重さを感じる機材は電源ではないでしょうか。 リグは受信するだけでも、電気を消費します。 出力に比例して使う量は増え、50W出力で運用しようとそれなりの容量が必要になります。 安定して電気を供給できる発電機も、発電機本体の他、安定化電源やACコード、燃料など持参する機材が増えます。

自動車で運用場所に向かう場合は、自動車に積めるだけの機材が運べます。 しかし徒歩で山の上に担ぎ上げ、運用したい場合は1gでも軽くしたくなります。 特に山での運用を考えている方はリグの消費電流をよく考え、そのリグに合った電源を選ぶといいでしょう。


移動運用の電源選び

移動運用で手軽な電源といえば、バッテリーです。 ホームセンターなどで自動車用の安価なバッテリーが売っており、これを使うことができます。 バッテリーは大小様々なサイズがあります。容量が大きくなると重くなります。 山の上に持ち上げて運用する場合はもちろんのこと、自動車で運用する場合も自宅から車内に積むときにも軽いほうが楽です。 リグの電流消費量と運用時間を考え、適切なバッテリーのサイズを選ぶといいと思います。

移動運用では、倒しても液漏れしないシールドバッテリーをお勧めします。 私は絶対バッテリーを倒さないと思っていても、何かの拍子でバッテリは倒れます。 バッテリの中に入っている液は希硫酸ですので、安全な物質ではありませんので液漏れは危ないです。 安全を重視する意味でも、シールドバッテリーを選ぶとよいでしょう。

長時間の運用の場合は、発電機を選びぶといいと思います。 燃料を供給すれば、燃料がなくなるまで運用できます。 発電機の他、安定化電源やACコード、予備の燃料が必要になりますので荷物が増えます。 発電機も安くはありませんので、運用スタイルが発電機を使う必要があるか考えて購入されるといいと思います。

以下は私の感覚で、リグの出力と運用時間による電源の選択を表わしてみました。 大中小はバッテリーのサイズです。 大は100Ah、中は50Ah、小は7Ahを想定しています。 使用の条件によってばらつきがありますので、この表はあくまでも参考としてください。責任は負いかねます。

私たちはアマチュアですので、実験的な要素があるべきだと考えます。 電源ひとつを考えて、実際運用して結果を得るのも、アマチュア無線の楽しみではないでしょうか。 まずは考えて、「これだ」思う電源をお選びください。

出力/時間2H6H12H18H24H
2.5W
6W
20W発電機発電機
50W発電機発電機発電機

バッテリーのサイズ

移動運用では、12Vのバッテリーを使うことができます。 リグの定格電圧は13.8Vですが、12Vでも問題なく動作します。 ただし、13.8Vで運用する場合よりも出力は下がるようです。 手持ちのリグで電圧を変えて、出力を測定してみました。簡易的な測定ですので参考程度としてください。

リグ/電圧12V13V14V
TS-60S30W40W50W
IC-7300M45W50W50W

バッテリーは使用すると電圧値が下がり、ある一定の電圧以下になるとリグが切れてしまいます。

容量は『7.2Ah』のように書かれており、評価環境で20時間使用した電流の量を表します。 7.2Ahの容量のバッテリーならば、0.36Aならば20時間使用できる(0.36A * 20H = 7.2Ah)という意味です。

ただし、どのような環境でも0.36Aの消費ならば20時間電流が流れ続けるかといえばそうではなく、バッテリーの置かれた気温によって変化します。 冬はバッテリーの持ちが悪いです。 このようなことも、移動運用で経験することができます。


実際に使う容量

仮に以下の電流を使うリグがあったとします。
  ・受信時 0.1A
  ・送信時 0.9A
このリグを使って、送信と受信を1:1の割合で繰り返したとすると、平均で0.5Aの電流の使用となります。

このリグに7.2Ahのバッテリーを電源として使い運用すると、
  7.2Ah / 0.5A = 14.4H
となります。

えっ!14.4時間!そんなに持つのか・・・。ちょっと信じられません。

手持ちのリグで確認しようと考え、FT-690mk2で実験をしてみました。電流消費量を見ると
  ・受信時(FM) 0.08A
  ・送信時(ピーク時) 0.9A
ですから、仮の計算で求めたものに近いと思います。 充電完了後、2時間程移動運用でCQを出しまくりました。 運用前と運用後の電圧の変化はほとんどありません。 本当に14時間以上電源が持つかは定かではありませんが、無駄に重い電源を持っていったことが分かりました。


50W機ではどうなる

電流をよく食うTS-60Sならばどうなるでしょうか。電流消費量をみると
  ・受信時 1.45A
  ・送信時 16A
です。送信と受信を1:1の割合で繰り返したとすると、平均で8.725Aの電流の使用。 計算がしやすいよう平均9Aの電流を使うこととします。

さすがに7.2Ahの小型バッテリーでは無理があるとわかりますので、自動車用の36Ahのバッテリーで計算してみます。
  36Ah / 9A = 4H
えっ!4時間も持つの?
実際運用してみるとすぐに電圧低下してしまい、「音が変ですよ」と言われてしまいます。 20時間かけて36A分使えるという仕様のところ、平均9Aを急激に使用すると無理もないことだと思います。

若いころ、一度だけ山の上に36Ahのバッテリーを4個持ち上げて、コンテストに50Wで参加したことがあります。 体力任せの移動運用でした。 途中仮眠をとったので、大体12,3時間程度の運用だと記憶しています。問題なく運用できました。 計算してみると、
  (36Ah * 4) / 9A = 16H
なんとなく納得する数値となりました。


50W機は余裕をもって

電源消費の激しい50W機を移動運用で使う場合、電源消耗を心配しなくても済むように発電機を利用するといいと思います。 以前、300W程度の小型発電機を使っていたことがあります。 非力ですので、直接50Wで使う電流を得ようとすると負荷がかかって大きな音を立てて発電していました。 安定化電源とリグの間に30Ah前後のバッテリーをフローティング接続させたところ、発電機の負荷が抑えられ、発電時の音も小さくなりました。 計測したことはありませんが、フローティングさせることで燃料の減りも抑えられたように思えます。

バッテリーを使う場合は、大容量のバッテリーを選びます。 これが重いです。 移動地までは自動車が運んでくれますが、自宅から車内に運ぶまでが苦痛です。 コスト的にも抑えられますが、重量は無視できないです。

ガソリン燃料の発電機は、比較的安く買えます。 しかし燃料のガソリンが問題です。 最近は、燃料タンクに給油ができないガソリンスタンドが増えました。 誤って車中でガソリンが漏れたときの匂いは、最悪です。気分が悪くなります。

ガソリンの匂いや購入の問題をクリアしてくれるのが、ガス燃料の発電機です。 ガソリンの発電機と比べて価格が高く、いつか欲しいと思いながら、私はガソリン燃料の発電機を買ってしまいました。

選び方ですが、実際に使っている方の意見を聞いて買うと間違えがないです。 インターネット上の情報を鵜呑みにせず、リアルな情報が間違えありません。 私は周りに発電機の相談ができる人がいなかったため、信頼できる6mマンの使っている発電機を買いました。 よくノイズを問題視する記事を見たことがありますが、実際に使用して気になりません。


まとめ

出力に比例して電源設備の大きさ、重さは増えてきます。 でも、移動運用では50W出して、遠くまで電波を飛ばしたいという気持ちは皆さん共通するものだと思います。 私もそう思います。

出力は電波を遠くまで飛ばす要素の一つですが、同時にアンテナも重要です。 アンテナも重量がある機材ですが、受信能力が上がることを考えると、電源より先にアンテナ設備の充実を図ったほうがいいと思います。

各局様々な考えがありますので、まずは検討してやってみることがベストです。 バランスの良い運用システムをそろえることは、移動運用を楽しくする基本となると思います。


RECENT POSTS

おすすめの記事

移動運用のアンテナ

オペレーションを考える