運用レポート 東京都八王子市(JCC#1002)

運用すると必ず交信できる八王子市。 それくらい運用局が多く、移動運用が盛んな地域だと言えます。 高尾山に登ると、足元に広がる関東平野は絶景です。 ふもとの丘陵地帯に広がる住宅地を見ると、電波の飛びそうな場所がたくさんあります。 アマチュア無線を楽しむのに恵まれた場所ではないでしょうか。

この風景は、高尾山から見た都心方面です。


2004/4/25

仕事が忙しいと、休日は疲れてついつい家でごろごろしがちです。 適度な疲れならば、移動運用でストレス発散という気にもなりますが、疲れが溜まりすぎると大好きな無線もやりたくなくなります。 今日はゴールデンウィーク前のよく晴れた日曜日。 気分的にはゆっくり眠りたいのですが遊び盛りの子供が許してくれず、子供の相手で高尾山に行くことになりました。 せっかくですから、リグを持っていきます。

移動運用に集中しすぎて、最近は家族から無線を目の敵にされています。 幸い今日は子供だけですので、多少山のなかで運用しても文句を言わないでしょう。 山であった事、見たことは、絶対に内緒にすると約束させて、ソフトクリームを食べさせました。

高尾山口についてからリフトに乗り、一気に高尾山に登ります。 木々の間から見える関東平野が、気持ちよいほどよく見えます。 若干風は冷たいですが、春の陽気です。 山頂には驚くほど人がいて、人ごみの中で運用する気になれませんし迷惑です。 混雑する高尾山の山頂から尾根を歩き、景信山で運用することにしました。

景信山にはヘンテナをあげた移動局がいましたので、高尾山と景信山の中間あたりのベンチで運用しました。 FT-690mkⅡ(2.5W)+付属のホイップでは、CQを出しても呼ばれません。 聞こえている局をコールして、短い運用を終えました。

いくらお手軽な移動運用でも、ダイポールくらい上げるべきだったかもしれません。 周波数の上の方では、景信山の山頂で運用している局のCQが聞こえます。 あまり呼ばれていないようです。 運用局が多い八王子市。 珍しい市ではないため、移動運用でパイルを浴びるということはなさそうです。