運用レポート 栃木県塩谷郡(JCG#15005)

栃木県の北西部から中部に位置する町村で構成されていましたが、郡より離脱する町村が相次ぎ、現在は塩谷町と高根沢町だけの郡になりました。

この風景は、高原山の南斜面から見たものです。


2001/9/23  12:00 ~ 18:00

MODE12345 67890DX
SSB6632    1 11 74
CW 1          1
AM         1  1

今日の午前中は大田原市で移動運用を行い、CQを出しても全く呼ばれませんでした。 移動運用で呼ばれないこと位つらいことはありません。 栃木の県北まできて、このまま帰るわけにはいきません。 同行した地元のJP1KSQ局に提案され、高原山の南面に向かいました。 県道63号線の塩谷町と藤原町の境付近を、さらに山の方へ上ったところで運用しました。 この付近は那須水害の被害で道がかなり荒れている個所もあることから、私の自動車はふもとに駐車し、 JP1KSQ局の4WDで山道を進みました。

標高は1000m程あると思います。 ススキが一面に広がり、その上を赤とんぼの群れが飛んでいます。 日当たりは暖かですが、空気はひんやりしていました。 それほど汗をかかず、ずいぶん楽な季節になったと思いました。

アンテナを上げてリグのスイッチを入れると、2エリアのビーコンが非常に強力に入感しています。 かなりグランドウェーブがのびているように思えました。 早速JP1KSQ局が運用を開始しましたが、1エリア中心の交信が続きます。 西方面の交信を期待しましたが、あまり呼ばれません。 ちなみに北方面は1700m級の山があり、7エリアとの交信には向きません。

1エリアの局中心の交信が続きますが、時々呼ばれる2,3エリアの局は強く入感しています。 西には日光の山々が連なっていますが、関係ないようです。 9エリアとも交信ができました。 運用局が少なかったのか、塩谷郡と交信したい人が少ないかのどちらかと思います。 JP1KSQ局が運用しているときに、VK4が呼んできました。

運用を交互に行い、手の空いているときは周辺を散策してみました。 放牧をしていた形跡がありますが、荒地となっている斜面が広がります。 栃木と茨城の県境の山々や、遠くには筑波山もよく見えます。 胸くらいまである雑草を掻き分けながら進むと、でかい蛇を踏みそうになりました。 模様から明らかにマムシです。慌てて逃げました。

運用中、足元に動く気配を感じました。 小さいものですが、またマムシです。 とっさに足を引っ込めると蛇はS字に構え、飛び掛ってきます。 踏まれて痛かったらしく、かなり怒っているようです。 JP1KSQ局がアンテナポールで退治してくれました。(かわいそうなことしました)

日が傾くと、急に冷え込みます。 吐く息が白くなるくらいです。 夕刻になっても、2エリアのビーコンは安定して入感しています。 もう少し運用したい気持ちもありましたが、明るいうちに舗装された道にたどり着いたほうが安全と判断してアンテナを下しました。 アンテナのエレメントを1本ずつ減らし、ダイポールの状態にしても2エリアのビーコンは聞こえています。 2エリアのビーコンが、こんなによく聞こえたのは久しぶりです。

運用の結果は私だけの結果です。JP1KSQ局の交信も含めると、約倍の交信ができたと思います。

RECENT POSTS

近隣の移動運用レポート

栃木県日光市

栃木県今市市

栃木県矢板市

栃木県黒磯市

栃木県那須郡