運用レポート 栃木県矢板市(JCC#1511)

矢板市の移動局は、八方ヶ原周辺や県民の森から運用していることが多いです。 南方面は開けていて非常にいいのですが、西方面は日光へ続く山がブロックするように連なっています。 八方ヶ原は北方面も開けており、7エリア全域と交信ができます。 全方向が開けている移動地は山の上のみですが、交信したいエリアを考えて移動地を選べば、楽しむことができます。

この風景は、県民の森からのものです。

運用日

2019/7/20  2003/8/10  2003/6/14  2002/5/18


2019/7/20  14:40 ~ 16:40

MODE12345 67890DX
SSB46       1   47
CW3           3

リグ:IC-7300M(50W) アンテナ:5EL F9FT(9mH) 電源:発電機


午前中は大田原市の八溝山中で運用しました。 そこから矢板市までは大田原市街の通過もあり、1時間半ほどかかってしまいました。 今日は、15年以上前に運用したことがある県民の森で運用します。 運用できるか確認のため、立ち寄る程度の運用です。

ガスがかかり、時々雨がぱらぱら降る転機でしたが、気温は低く快適でした。 まずは南西にアンテナを向けて、CQを出し始めます。 2エリア、3エリアを意識した運用でしたが、日光の山がブロックしている関係か1エリアからコールされます。 ガスで展望がきかず、どこに山があるのかわかりません。 この状態で交信をし続けました。

途中で紋別郡(北海道)からコールされました。 電波の具合からスキャッタのようで、信号は安定していません。 Eスポシーズンも終盤になり、そろそろグランドウェーブを意識した移動運用を考えたいと思います。


2003/8/10  5:00 ~ 14:00


近所に住むDXerと、夏休みにどこかで移動運用をやろうという話がでました。 「標高があって涼しい」「そこそこ遠くて近い」「ゆっくり過ごせる」という点を考慮した結果、矢板市の県民の森に行くことになりました。 前日は台風による強風と雨で決行を躊躇しましたが、天気は好転しそうです。 台風の後を追う形で、東北自動車道を北上していきました。 途中で15mほどの松の木が強風で倒れ、道をふさいでいましたが、今日は3人の移動運用。 難なく倒木を道端に寄せて、無事に移動地に到着しました。楽しい移動運用の始まりです。

アンテナはJE2HCJ局がDXぺディションで愛用しているロングワイヤーと私のF9FT。 リグはFT-817とTS-60です。 急ぎ準備をして、早朝から水分補給で喉を潤します。 急速に良くなる天気の下、早朝の出発もあって眠りを誘います。

早朝から、宮崎のビーコンがよく入感しています。 Phoneは7K1RZN局が、CWはJE2HCJ局が交信数を伸ばします。 オペレータ以外は、周辺の散策や昼寝など自由に過ごします。

ロングワイヤーとカップラー、5Wという非力な組み合わせでDXはできるのかという疑問を持っていました。 この組み合わせでKH0でずいぶん交信がができたという話を聞いていました。 JD1のCQを18MHzで見つけ、チューンをして呼ぶと簡単に交信することができました。 いいペースでDXと交信が続きます。

本日、3人が交信した局数は225。 十分に楽しめました。 「次はどこ行く?」 帰りの東北自動車道では、次の移動運用の計画が話し合われました。


2003/6/14  13:30 ~ 16:30

MODE12345 67890DX
SSB607    21 11 72
CW52          7

リグ:TS-60S(50W) アンテナ:5EL F9FT(9mH) 電源:発電機


県民の森で運用しました。 9エリアの局からリクエストを受けていたので西方面が開けた場所を探しますが、なかなか良さそうな場所がありません。 標高が高く、南方面が開けていますので1エリアには強い信号が送れそうです。

天気はだんだん悪くなる一方で、雨が降り始めました。 まずは1エリアにアンテナを向けて、CQを出し始めます。 いいペースでで交信を楽しむことができました。 途中に1時間近くビートをかけられ、信号の弱い局と交信ができなかったことです。 矢板市で運用すると、よくビートをかけられます。 それにしても1時間近くもビートかけるのは時間の無駄ではないでしょうか。

ビートの合間を縫っての交信は、ちょっとしたゲーム感覚ではありました。 リクエストをもらっていた9エリアの局とは、無事に交信できました。


2002/5/18  14:30 ~ 18:00

MODE12345 67890DX
SSB665     1 12 75
CW3        1  4

リグ:TS-60S(50W) アンテナ:5EL F9FT(9mH) 電源:発電機


矢板市は、過去に2回移動運用したことがあります。 1回目は移動局がよく利用する八方が原です。運良く近距離Eスポに遭遇し、短時間で300局を超える交信を経験しました。 2回目は県民の森で運用しました。そのときはすでに移動シーズンを過ぎていて、数局しか交信できませんでした。 一般的に矢板市は、電波の飛びが西方面がよくないと言われます。 運用地点のちょっとした差で飛びが変わる6mですので、広い県民の森で場所を選べば何とかなると信じて運用しました。

運用開始すると1エリアを中心に呼ばれます。時々、2エリアからも呼ばれました。 2エリアのビーコンを聞いてみると、そこそこの強さで入感しています。 西にアンテナを向けると、QSBを伴って9エリアの局が呼んできます。 2エリアのビーコンと9エリアの局の信号の強さから考えると、場所さえ選べば西方面は飛ばないともいえないようです。

RECENT POSTS

近隣の移動運用レポート

栃木県大田原市

栃木県黒磯市

栃木県塩谷郡

栃木県那須郡