運用レポート 栃木県黒磯市(JCC#1512)

2005年1月、黒磯市は那須郡西那須野町、塩原町と新設合併し、消滅市となりました。

西に奥日光へ続く山々が連なる地形で、自動車で行ける標高の高い移動ポイントはあるものの、 特に西方向が開けたポイントを見つけることができませんでした。 限りなく7エリアに近いことから、Eスポのオープンの様子が関東と全く違いました。

この風景は、沼原池です。


2002/5/18 8:00 ~ 12:00

MODE12345 67890DX
SSB81         1 82
CW9           9

雨の東北道を快適に北に向かいました。 よく渋滞する西那須野ICもすんなり通過できました。 ゴールデンウィークも終わり、天候が雨ということもあって、那須方面へ遊びに来る行楽客はいつもより少なかったものと思います。

初めて移動運用を行う黒磯市はよい移動地も分からぬまま、とりあえず標高が高いポイントということで那須岳のふもとにある沼原湿原を選びました。 南しか開けてなく、Eスポやスキャッターが現れてくれないと、1エリア以外の交信はできそうもありません。 ますます強まる雨の中、湿原はガスに覆われており、全く見えない状態でした。

リグのスイッチを入れて各エリアのビーコンを聞いてみると、1エリアのビーコンしか聞こえません。 一番近い7エリアのビーコンは、那須の山にブロックされており聞くことができません。 季節的にEスポやらスキャッターが出るのを期待します。

運用を開始すると1エリアから呼ばれますが、バンド内が静かです。 近隣の局から、この運用地は電波の飛びが悪いとの情報をいただきました。 どこかいい運用場所はないものでしょうか?