6mで移動運用のすすめvol2

はじめに

2020年で6m(50MHz)を始めてから25年が経ち、なんとなく6mを理解できました。 国内QSOでは季節毎に変化するコンディションを楽しみ、6mのSSBで全市全郡と交信することができました。 当時のWACAやWAGAは『同一都道府県の運用』という規約があり、栃木県内から様々な伝搬を活用し、アワードの受賞を通じて6mを一通り理解することができました。 またDXでは何度か大きなオープンに遭遇し、珍しいといわれる地域を含むエンティティと交信することができました。

6m特有の変化するコンディションはワクワクするものがあり、時間が経つのを忘れるほどエキサイティングな経験をすることもあります。 6mで盛んな移動運用は、自宅(シャック)で交信することができなかった地域の交信を可能にします。 交信したい地域やその日の気分で運用地を変えることができる移動運用は自由であり、青空の下での運用は爽快です。

運用中に聞いた話ですが、移動運用は面倒だという意見があります。 確かに自宅でリグのスイッチを入れるだけで運用できるものと比べ、移動地に出かけ、アンテナを上げるという手間はあります。 その手間に見合う楽しさを感じられるのが、移動運用です。 自宅では聞こえなかったエリアと交信ができ、CQを出せばたくさん呼ばれることも移動運用だから経験できることです。

6mの移動運用をおすすめする理由

あなたはアマチュア無線を楽しんでいますか? エキサイティングな経験をしていますか? もし「NO」でしたら、6mの移動運用をおすすめします。 私が6mの移動運用をおすすめする理由は、以下のものがあります。

 ・ 季節や時間によってコンディションが変わり、飽きがこない
 ・ アワードハンティングやコンテストが盛んで、運用局が多い
 ・ 移動運用の設備が、他のバンドに比べてコンパクト
 ・ シャックのロケーションの優劣に左右されず、自由な場所で運用できる
 ・ いわゆる珍市や珍郡という市郡で運用することにより、たくさん交信することができる

6mはコンパクトな装備で始められる

移動運用で手間なのは、アンテナを上げることではないでしょうか。 6mのアンテナは、ダイポールならば3m程度の針金や被覆線などで作ることができます。 ダイポールは非力、いえいえ、ちゃんとダイポールでも楽しめる場所に行けばいいのです。 ダイポールでも楽しめる移動地は、自宅の近くにも探せばあります。

アンテナが小さな6mは、気軽に始められて楽しめるバンドです。 小型のリグを持っていれば、ダイポールを作って週末は、移動運用に出かけることができます。 自宅の周囲で見晴らしがいい山や丘はありませんか? そこで運用すれば、きっとエキサイティングな経験が待っています!

お手軽運用は最初だけ

ただし、お手軽は最初だけにしてください。 ホームページでお手軽運用を勧めているページがたくさんありますが、すぐに飽きます。 理由はお手軽だから、結果もその程度なんです。

移動運用では交信を通じて色々な経験ができます。 交信ができなかった局がいれば、それはなぜか考えると、お手軽から卒業しなければなりません。 もちろん交信の技も身に付ける必要があるでしょう。 感じた課題を次の移動運用に生かしていけば、すぐに移動運用を楽しめるようになれるはずです。

地域的な差

6mには、地域的な差があります。 例えば、8エリアや沖縄などでは、Eスポなどの電離層を使わないと交信を楽しめないという事情もあります。 その様なエリアではダイポールやモービルホイップでも十分楽しますが、少しでも多く楽しもうと考えるとアンテナやパワーの増強を考えなければなりません。

日本海側の県では、日本列島の背骨のように連なる山を越えて、大都市圏に電波を送り込まなければ楽しめません。 さすがにダイポールでは厳しいエリアといえますが、設備を整えたうえで運用できれば、大都市圏からたくさんのコールを受けることも考えられます。

この点が手軽に楽しめるとは言い難く、工夫が必要になります。 しかし工夫して、試行錯誤することが趣味として楽しく、熱中できるのではないでしょうか。

このページの目的

移動運用に出かけたら、たくさん交信したいと思います。 CQを出してたくさん呼ばれる快感は、6mを長く楽しむうえで重要だと思います。 しかし、交信には相手局が必要ですので、相手局に交信したいと思ってもらわないといけません。 それには多少の知識と設備が必要になってきます。

私が6mを本格的に始めたころ、週末はとても賑わっていました。 移動運用をしている局はオペレーション技術が高く、見事にパイルアップをさばいていました。 移動運用であれだけ呼ばれれば、楽しいだろうと思うくらい盛んに交信をしていました。 入門したての私はパイルアップを聞き、どんなオペレーションをしているのか探りました。

また移動運用をしている局がいれば近づき、どんな設備で楽しんでいるか、どこと交信しているのかなど参考させてもらいました。 そのころの経験が、今に活きています。

最近は、バンド内が静かです。 最近のリグは、HF機にも6mが付いていますので、運用できる局はたくさんいるはずです。 6mは複雑なコンディションでもあるため楽しむことができず、運用局が多いHFのローバンドやEスポが長くオープンするHFハイバンドに人気を取られて いるように思えます。 6mの楽しみ方、移動運用の楽しみ方を発信することで、少しでも新たに6mを始める局が増え、6mに定着していただけないかと考えました。

このページでは私の経験をベースに紹介しますので、論理的な説明ができない感覚的なものも含まれます。 明らかに実情と異なる部分もあるかも知れません。 多少の勘違いは、恐れ入りますがご容赦ください。 このページを通じて、6mの移動運用の面白さを多少なりともお伝えできれば、幸いと思っております。

では『6m移動運用のすすめ』、どうぞお楽しみください。


vol.2制作開始 2020年6月 JK1SPQ