6mで移動運用のすすめvol2

6mに取りつかれました。 アンテナが自由にならない自宅から飛び出し、運用場所が選べる移動運用に夢中になりました。 同じように6mに取りつかれた局との交流を深め、ますます深みにはまりました。

これがJK1SPQ、私の今です。 ビジネスの関係で、一時はアマチュア無線から離れかけた時期はありましたが、再開するとまた6mの移動運用に戻ってしまう。 久しぶりに6mを聞き、そこで感じたことは「何か違う」。

以前、6mで活躍していたあの局が聞こえません。 運用局も減っています。 運用スタイルも、6mのコンディションに適用できそうもない交信が聞こえます。 そこで自分の運用スタイルを検証しながら、「こんな運用で私は楽しんだ」ということを発信していこうと考えました。

内容には自己流のものや、私が6mで育った栃木県内の地域的な価値感など、偏った内容が含まれます。 このページは『教科書』を目指していません。 ジャンク箱をあさるように、ちょっと気になる情報を拾って6mを楽しんで欲しいと願っています。

【おことわり】
このページは、JK1SPQが1エリアでの運用で経験ことをもとに作成しています。 実情や一般的ではない内容や、感覚的なものが含まれている可能性があります。 表現上、押し付け的なものもあります。全ページ公開した後に修正いたします。

6mで移動運用のすすめ

INDEX

はじめに

カンタン入門 6mの様子

カンタン入門 電波の飛び方

カンタン入門 移動運用に行く

設備増強 アンテナ

設備増強 電源

設備増強 アンテナポール

運用地 電波の飛ぶ範囲

運用地 季節に合せた運用地

運用地 コンディション

交信の技 耳を鍛える

交信の技 周波数を選ぶ

交信の技 CQの出し方

交信の技 応答の仕方

交信の技 変化を感じる

交信の技 ログの工夫

長く楽しむ アワード

長く楽しむ 旅行+移動運用

情報分析 QSLカードの意味

情報分析 情報の収集

情報分析 交流を広げる

経験の活用 自宅での運用

経験の活用 コンテスト

経験の活用 新しい仲間へ