常置場所 [運用拠点その2]

50W以下の出力のアマチュア無線局は、自動車などに無線設備を積んで自由な場所運用できます。 その時、いつも無線機を置いておく場所として常置場所を決めます。常置場所でも運用できます。

私は、自宅を常置場所としています。 古い無線機と、ベランダには小さなアンテナをつけて運用しています。 中層マンションからの眺めはそこそこよく、電波の飛びは期待できます。 しかしながら、小さなアンテナでは十分に楽しめないのが現実です。 そこで問題のない場所にアンテナを仮設して運用する「移動運用」という手段で楽しみます。