QSLポリシー

QSLカードの発行

国内QSOのQSLカードは、コンテストを除いて100%QSLビューローに送っています。 QSLビューローへは、ある程度まとまったら追跡可能な方法で送り、ビューローの受け取りを確認しています。 それ以降の転送事故については責任を持てませんが、ご連絡をいただければ再発行します。

コンテストのQSOについては、積極的にQSLカードを発行していません。 いただいたQSLカードはログを確認の上、QSLカードを発行します。

古い交信分のQSLカードの請求は、ログの破棄等で応じられないことがあります。 おおむね5年間は、ログを保存しています。

SASEへの対応

急ぎQSLカードが欲しい方には、SASEによるQSLカードの請求に応じます。 その際は、コールサイン@jarl.comまでメールをください。 返送等の情報をメールでお伝えします。 SASEの返送は、5日以内に行います。

住所は、QRZ.comまたはJARL会員局名録を参照してください。 わからない場合は、コールサイン@jarl.comまでお問合せください。

QSLカードが届かない場合

交信後、1年を越えてQSLカードが届かない場合は、誤配などビューローの転送事故の可能性があります。 その場合は、必ずコールサイン@jarl.comまでご連絡をください。 コールサイン、更新日時を合わせてお伝えください。

QSLカードに未着である旨を書いてこられる方がいますが、見落としの可能性もありますので、必ず電子メールでの問い合わせをお願いします。

移動運用やコンテスト中に、QSLカードの発行状況を問い合わせる方がいますが、正直迷惑であり、マナー的にも疑問があります。 必ず電子メールでの問い合わせをお願いします。

eQSLへの対応

私はコミュニケーションとしてのQSLカードを大切にしたいと考えておりますので、eQSLの発行はいたしておりません。 今後も対応する予定はありませんので、ご了承ください。